蓄電池の補助金

こんにちは(*”ω”*)

朝と夜はすっかり寒くなりましたね💦

みなさん、日中との気温差にお気をつけくださいね;つД`)

今日は、蓄電池の補助金額についてです!!!

最近、蓄電池についてのお問い合わせをいただくことが増えたので

補助金を有効に使えるようにとまとめてみました(*´▽`*)

塩 尻 市

*補助限度額 80,000円

⇩下記の要件を全て満たす必要があります

□蓄電池部、電力変換装置から構成されるシステムで、一つのパッケージとして扱われる設備であること

□10㎾未満の太陽光発電設備と連携するものであること

□一般社団法人エコーネットコンソーシアムが定めるECHONET life規格の認証を取得している機器であること

□HEMSと接続して設置されること

□新たに購入したものであること

松 本 市

*1申請 100,000円

⇩下記の要件を全て満たす必要があります

□5年以上のメーカー保証がある機器であること

□電力変換装置が一体的に構成されている機器であること

□10㎾未満の太陽光発電設備に連結する機器であること

長 野 県

*150,000円(既存の太陽光が必須)

⇩下記の要件を全て満たす必要があります

□蓄電容量が4キロワット時以上であること

□国が行うネット・ゼロ・エネルギー・ハウス化等支援事業の対象製品

□法令、条例等に適合しているもの

□未使用品であること

*4万/kWh(1/3以内)

⇩下記の要件を全て満たす必要があります

□蓄電システム購入価格と工事費の合計が、目標価格以下であること(16.5万円/kWh)

□Sllで事前に登録される機器であること

それぞれ地方自治体の補助金は併用ができます!

詳しくは小澤電気までお気軽にお問い合わせくださいね(”ω”)ノ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です