2019年11月からの「FIT終了」ってご存知ですか?

太陽光で発電して余った電気は、これまで電力会社に売る事で有効活用してきました。しかし、FIT終了により売電価格が大幅に下落してしまいます。そのため、つくった電力を売らなくなり、電気がムダになってしまう可能性があるんです。

蓄電システムと組み合わせると、今よりもっと節電できます!

電気を蓄えておける「蓄電システム」があれば太陽光で作った電気の売電に加えて、安い深夜料金の電気を朝夕の電力使用ピーク時に使えるため、電気代の節約になります。

発電した電気を蓄えておけば、約8時間は安心です

「ESS-U3S1」なら、急な停電時も、蓄電システムからの電力供給に自動で切り替わります。リビング用シーリング照明・冷蔵庫・液晶テレビ・携帯電話などの標準的な家電を最大で約8時間使用できます。